寄付・募金するならどこがいい?災害支援の募金先リストを用途別にピックアップ!

ハートを持っている手の画像ゆるミニマリズム
この記事は約9分で読めます。

地震に台風、豪雨など、自然災害大国ニッポンと言われてしまうほど、日本では様々な自然災害が頻繁に起こります。

被災地のニュースや被災者の現状を知って、「何かできることはないかな?」と思うことも多いでしょう。

物資を送ったり、募金をしたり、現地へボランティアに行ったりと支援の方法はいくつかありますが、その中でも最も取り組みやすいのは募金ではないでしょうか?

本記事では、以下のことを解説しています。

  • 用途(義援金・支援金)に応じた募金先を知ることができる
  • 各団体の特徴や寄付の方法を確認できる

「どこに募金すればいいのかな?」というお悩みに対し、信頼性の高い募金先の情報を集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.寄付・募金するなら、まず募金の用途を決めよう

地球儀とコインの画像

災害支援での寄付・募金は、その用途によって、「義援金」と「支援金」に分かれます。

募金がどういった目的に使われるかを知ることは、寄付する先を決めることにも役立つので、まずは2つの違いを見ていきましょう。

義援金:被災者の方々へ、お悔やみや応援の気持ちを込めて贈るお金。被災した県が設置する義援金配分委員会により、被災者へ公平に配分される。被災状況の確認などに時間がかかるため、実際に被災者の手元にわたるまでに時間がかかる。

支援金:各機関やNPO団体などの判断で、救命・復旧活動などにあてられる資金。使いみちは、各団体に委ねられているため、被災地のニーズに素早く対応可能となる。

義援金支援金
被災地での救命・復旧活動×
被災者への公平な配分×
被災地へ届く時間遅い早い

被災者へ直接渡るのか、被災地の救命・復旧活動にあてられるのか、募金先によって、その用途は大きく変わってきます。

「募金をしたい!」という気持ちを、もう少し深く見つめてみて、あなたの意向にあった先へ募金できるといいですね。

2.寄付・募金するならどこがいい?①義援金として募金する

ドライフラワーと、サポートと書かれたノートの画像

最初に、「義援金」として寄付・募金をしたい場合の選択肢を見ていきましょう。

日本赤十字社

まずは、寄付や募金というと思い浮かべるかたも多いであろう「日本赤十字社」です。

銀行振り込みのみとなるので、やや手間に感じるかたもいるかもしれません。

特徴としては、「寄付金控除」を利用できること。つまり、確定申告をすれば、税金が優遇されるのです!

  • 募金方法:銀行振り込みのみ(ゆうちょ・三菱UFJ・三井住友・みずほ銀行)
  • 寄付金控除が利用できる(金融機関で振り込んだ際の振込票等の控えを「免税証明書」として利用可能)
  • 義援金として、全額が被災者へ届けられる
  • 都道府県が特定されていない場合(例:東日本大震災など)、事前にどこへ義援金が送られるかは分からない

Yahoo!Japan ネット基金

災害等が発生した際、いつも早い段階からネットで募金を募っているのが「Yahoo!Japan ネット基金」です。

Yahoo!基金として集めている寄付金については、Yahoo!基金のホームページやTwitterのYahoo!基金アカウントなどSNSで、使いみちの詳細を確認することができます。

Yahoo!基金以外のNPO団体などが行っている募集に関しては、各ページに募金の使いみちや活動状況の報告ページへのリンクがあることが多いので、チェックしてみましょう。

  • 募金方法:クレジットカード/Tポイント(1ポイント~可能)
  • 自分が寄付した金額と同額をYahooが寄付してくれる募金もある(上限設定あり)
  • クレジットカードで支払う場合、1度のみの寄付or毎月の継続寄付と選択が可能
  • 特定の被災県・市町村への寄付(Yahoo!基金)の場合、「義援金」として使われることが多い
  • 各種NPO団体などが行っている、被災地の支援活動への「支援金」の寄付も可能
  • 領収書の発行がない場合が多い→寄付金控除は使用できない

楽天クラッチ募金

楽天でも募金をつのっていて、貯まっている楽天ポイントを使うこともできます。

  • 募金方法:クレジットカード/楽天スーパーポイント(1ポイント~)
  • 寄付先の指定はできない(災害支援の場合、各都道府県や日本赤十字社への「義援金」として使われることが多い)
  • クレジットカードの手数料を除いた全額が寄付される
  • 領収書の発行はなし=寄付金控除は使用できない

LINE(ライン)被災者支援

コミュニケーションアプリとしてお馴染みのLINEでも、被災地・被災者支援の募金が可能。(災害発生時のみ)

スマートフォンから簡単な操作のみで完了するので、思い立ったときにすぐに募金できます。

(※義援金の項目に入れましたが、2019/10/15現在、過去の災害支援の実績がまだ公開されていないため、義援金ではなく、支援金として使われる可能性もあります。)

  • 募金方法:LINE Pay(300円~)/LINEポイント(1ポイント~)
  • LINEポイントでの寄付は、スマートフォンからのみ受け付け
  • スマートフォンからの簡単な操作のみで完了
  • 募集の期間は短いことが多い
  • 事前に寄付先は分からない(決定後にLINEのCSRサイトで報告される)
  • 領収書の発行はなし=寄付金控除は使用できない

3.寄付・募金するならどこがいい?②ふるさと納税を通じて、各自治体へ直接支援する

小さな花を両手で持っている画像

次に、各自治体へ直接支援したい場合(=支援金として募金したい場合)の選択肢となる、ふるさと納税について見ていきましょう。

ふるさと納税で災害支援をすると、通常のふるさと納税と同じく、寄付金控除を利用することができます。

災害支援の場合、返礼品はないことが多いですが、被災した自治体へ直接支援できる最高の仕組みです!

2011年の東日本大震災のとき、仙台で被災された税理士のかたが、「寄付をするなら、被災地の復興に直接役立てることのできるふるさと納税にしてください!」と訴えられているほどなので、直接的な被災地への支援はふるさと納税を検討してみてくださいね。

楽天ふるさと納税

楽天のIDがあればすぐに利用できてとても便利なうえ、災害支援のためのふるさと納税でも、楽天ポイントが付与されます。

2019/6/1~、ふるさと納税で付与されるポイントは楽天側が負担することになったので、寄付先の団体への負担などは考えなくてOKになりました!

  • 募金方法:クレジットカード/銀行振込/楽天スーパーポイント
  • 1,000円~寄付可能
  • 楽天ポイントが付与される(倍率は利用状況により異なる)
  • 災害支援の場合、自治体側の手数料負担がなく、全額自治体へ寄付される
  • 受領証明書の発行あり=寄付金控除が利用できる

さとふる

2014年に設立され、認知度&利用意向No1のふるさと納税サイト「さとふる」では、災害支援の特化ページがあり、現在募集している寄付先が探しやすくなっています。

  • 募金方法:クレジットカード/コンビニ払い/携帯決済(docomo/au/softbank)/ペイジー
  • Yahoo!JapanのIDでログイン可能
  • 1,000円~寄付可能
  • 寄付履歴の管理が簡単にできる
  • 災害支援の場合、自治体側の手数料負担がなく、全額自治体へ寄付される
  • 受領証明書の発行あり=寄付金控除が利用できる

ふるさとチョイス

ふるさと納税サイトの画像

2012年設立のふるさと納税サイト老舗「ふるさとチョイス」でも、災害支援の特設ページがあります。

上記のサイト画像の中で、右上の赤丸部分を見ていただくと分かるとおり、日本語だけでなく、英語と中国語にも対応しているのが特徴。

日本在住の外国人のかたにも紹介しやすいですね。

  • 募金方法:自治体により異なる(通常時→クレジットカード/Paypal/Amazon Pay/携帯決済(docomo/au/softbank)/ペイジー/コンビニ払い/銀行振込/納付書払い/現金書留)
  • 最低寄付金額は自治体により異なる
  • ウェブサイトは日本語・英語・中国語に対応
  • 災害支援の場合、自治体側の手数料負担がなく、全額自治体へ寄付される
  • 受領証明書の発行あり=寄付金控除が利用できる

4.寄付・募金するならどこがいい?③クラウドファンディングを通して支援金として募金する

クラウドファンディングの仕組みを説明した画像

次に、「支援金」として寄付・募金をする場合の選択肢として、クラウドファンディングサービスを2つご紹介します。

Makuake (マクアケ)

ガイアの夜明けでも紹介されたことのある、国内最大級のクラウドファンディングサービスを提供しているのがMakuake(マクアケ)。

実は、こちらでも、災害支援として、プロジェクト形式で募金を募っています。

特徴としては、募金の締め切りが他と比べて早いこと!

つまり、被災地へ支援金が届くスピードも早いということになります。

例えば、2019/10/12の台風19号に対する支援募金ですが、以下のようなスケジュールになっています。

  • 募金方法:クレジットカード/コンビニ払い/銀行振り込み/ネットバンク振り込み
  • 1,000円~寄付可能。寄付先、寄付完了の活動報告あり
  • 被災者への義援金・被災地への支援金の両方へ分配(プロジェクトにより異なる場合も)
  • スピーディーな支援が期待できる(締め切りが早く、活動完了報告の期限をあらかじめ設定している)
  • 決済手数料を除いた全額が寄付される
  • 領収書の発行はなし=寄付金控除は使用できない

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

クラウドファンディング大手のCAMPFIRE(キャンプファイヤー)でも、災害発生時にプロジェクト形式で募金を募っています。

こちらでは、NPO団体へ支援金として寄付するほか、被災者への義援金としても寄付金を分配しています。

過去の実績を見ると、詳細な活動報告をされていて、安心感があります。

  • 募金方法:クレジットカード/コンビニ払い/携帯決済(docomo/au/softbank)/Paypal
  • 1,500円~寄付可能
  • 被災者への義援金・被災地への支援金の両方へ分配(プロジェクトにより異なる場合も)
  • スピーディーな支援と詳細な活動報告あり
  • 災害支援などの緊急支援プロジェクトでは、海外からの支援も受け付けている
  • 領収書の発行はなし=寄付金控除は使用できない

5.まとめ

子供達の手が重なっている画像

自然災害が起こり、どこに募金しようか迷ったときに参考にしてもらえるよう、寄付・募金先をリストアップしました。

手持ちのポイントを使って募金ができたり、ふるさと納税で支援ができたり、手軽にできる募金の形はたくさんあります。

「少しでも助けになりたい・・・!」というあなたの気持ち、大切にしてくださいね。

この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました