【在宅ワーク】難易度別の英語を使った副業5選!【体験談あり】

パソコンに向かって微笑む女性の画像フリーランスの仕事

子育てや介護、病気など、様々な事情で外で働くことが難しい場合、自宅でできるお仕事はとても魅力的ですよね。

時間の融通が利き、どこにいても働くことのできる在宅ワーク。

その中でも、英語を使った在宅ワークは、時給や報酬が高いことが多く、副業としても人気が高いです。

くみ
くみ

以前から、「英語を使ってできる副業はないかな?!」と探すことが多く、いくつかのお仕事を経験してきました。
そこで、おすすめできると思った副業を難易度別にご紹介します。

※本記事では、以下のように独自にレベル分けをして、仕事の難易度を表しています。

  • 初心者:英語が得意だけれど、英語を使っての仕事経験はなし
  • 中級者:英語を活かした仕事の経験あり
  • 上級者:英語+α(特別なスキル)で仕事が可能

\本記事がおすすめな人/

  • 英語を使った仕事をしてみたい
  • 英語を活かした副業や+αの収入を得たい
  • 英語を使用して在宅ワークをしたい
スポンサーリンク

1.英語を使った副業①英語関連の記事作成(初級者向け)

ノートにメモをしている女性の画像

最初にご紹介するのは、英語関連の記事作成(Webライティング)のお仕事です。

よくあるのは、英語学習関連や留学関連の記事を日本語で作成するというもの。

Webライティングの仕事の中でも、季節や流行に左右されない分野なので、通年案件があったり、継続案件が多いのも特徴です。

くみ
くみ

直接的に英語を使用しない案件が多いけど、過去の経験を活かすことができるので初心者にはオススメ!

・どんな人に向いている?

英語関連の記事作成が向いているのはこんな人。

  • ライティングが苦にならない
  • 調べることが苦にならない

記事作成というのは、自分の好きなことを好きなように書く仕事ではありません。

基本的には、依頼主(掲載するメディア)の意向に沿った記事を書くので、色々調べる必要性も出てきます。

英語学習や英語に関する経験(留学、ワーホリなど)を持っていて、調べたり書くことが苦にならない人向けのお仕事と言えます。

・英語関連の記事作成体験談

フリーランスを始めたばかりの頃、とにかく何か実績が欲しくて、Webライターの仕事を始めました。

ライターとしての実績はまだなかったものの、プロフィールをしっかり書いて、次のような継続案件をこなしていました。

旅行関連メディアで語学関係の記事・・・1文字0.5円~

英語学習メディアでの記事・・・1文字0.7円~

くみ
くみ

今考えると単価はすごく安いのですが・・・きちんとしたマニュアルがあったので、記事の書き方など勉強になる点も多かったです。

Webライターの仕事が向いているようなら、継続して実績を作っていくことで、単価はどんどん上がっていく可能性もあり!

(ちなみに、私は現在1文字3円~でWebライターのお仕事は引き受けるようにしています。)

・求人はどこで探す?

大手のクラウドソーシングサイトは、英語を使った副業の最初の一歩を踏み出すのにおすすめ。

サイトによって取り扱っている案件が異なるので、どちらも登録してみると良いですよ。

\クラウドソーシングの大手2社/
CrowdWorks(クラウドワークス)
Lancers(ランサーズ)

2.英語を使った副業②Web Search Evaluator(初・中級者向け)

パソコンでグーグル検索をしている画像

Web Search Evaluator(ウェブ広告評価者)のお仕事は、AI技術の進歩(機械翻訳や広告・検索結果の最適化など)をサポートするもの。

日本国内の企業はありませんが、海外の企業が日本マーケット向けに求人を出しています。

くみ
くみ

当ブログのいちおし!
ルールに沿って広告や検索結果などを評価していくお仕事です。

・どんな人に向いている?

Web Search Evaluatorのお仕事が向いているのはこんな人。

  • 淡々とした作業が苦にならない
  • 英語のリーディングが得意/苦にならない
  • 自分で計画的に作業を進めらる

短期、長期と色々な案件があるのですが、基本的には会社とのやり取りや案件のマニュアルなどは全て英語となります。

ですので、英語の長文を読むのが苦ではないことは必須!

難易度は、めちゃくちゃ簡単なものから難しいものまで、案件によってさまざまです。

・Web Search Evaluatorの体験談

私は2018年の9月~Appenという会社でWeb Search Evaluatorのお仕事をしています。

時給19米ドル(1ドル=110円だと2,090円)が基本で、自分の都合の良い時間にお仕事できるので、本当に助かっています!

仕事の内容自体は、正直そんなに面白いものではないけれど(笑)

自宅で1人黙々と作業して、他の在宅ワークより多くの報酬を貰えているので満足^^

Appenのお仕事については、「時給19ドル?!APPENの副業まとめ【100ドルもらえる登録方法・体験談・Q&A】」にすべてまとまっています。

よろしければチェックしてくださいね。

・求人はどこで探す?

Web Search Evaluatorの2大大手は、オーストラリアのAppenと米国のLionbridgeです。

どちらも「〇〇(会社名) 求人」で検索すると、日本語の求人サイトから応募することができます。

ただし、募集があるのは年に1回~数回と限られたタイミングのみ。

なので、公式サイトから直接応募するのがおすすめです。

3.英語を使った副業③カスタマーサポート/オンラインアシスタント(初・中級者向け)

ヘッドセットをつけて話す女性の画像

次にご紹介するのは、英語を使って顧客からの質問や問い合わせに回答するカスタマーサポートや様々な事務をこなすオンラインアシスタントのお仕事。

英語を使った仕事が主ではないものが多いですが、「英語ができる」ことで時給の高いお仕事を見つけられる可能性が高まります。

・どんな人に向いている?

カスタマーサポートやオンラインアシスタントのお仕事が向いているのはこんな人。

  • 英会話が得意(電話での対応がある場合)
  • 分かりやすく説明したり、人のサポートをすることが苦ではない

電話やメールでの対応となるため、対面よりもより細やかな説明やコミュニケーションが必要となることも。

・求人はどこで探す?

通常の求人サイトやクラウドソーシングのサイトを見てみましょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)に登録していると、ビズアシスタントから非公開案件の紹介メールやスカウトメールが送られてきます。

このビズアシスタントは、クラウドワークス公認の派遣会社のようなもの。

クラウドソーシング経由のお仕事では珍しい時給制で、長期の案件が多いのも特徴です。

ビズアシスタントについての詳細はこちら

4.英語を使った副業④翻訳(中・上級者向け)

英語の本の画像

次にご紹介するのは翻訳のお仕事。

英語を活かした在宅ワークとして、まず思い浮かべる職種の1つではないでしょうか。

翻訳の世界はとても奥が深く、翻訳者養成学校があるほどなので、難易度は高め。

くみ
くみ

ただし、単発の案件や、他の業務にプラスしての案件であれば、翻訳初心者にもチャンスがあります。

・どんな人に向いている?

翻訳のお仕事が向いているのはこんな人。

  • コツコツと地道な作業で長時間机(パソコン)に向かうのが苦ではない
  • 気になることはとことん調べたい
  • 英語のリーディング・ライティングが得意

とにかくコツコツと積み重ねの作業になるので、向き・不向きがすごくあると思います。

くみ
くみ

まずはニュースサイトや簡単な文章でも良いので、実際に翻訳してみて、適正を見てみるのを良いですね。

・アンケートの翻訳体験談

(5年以上前の話になります)

データ入力の在宅ワークを受けていた会社で、翻訳のお仕事も募集していたので、応募して採用されたのが初めての翻訳体験でした。

難易度は高くなくて、手書きのアンケートコメント(英文)を翻訳するというもの。

短期で量をこなす期間限定のお仕事でしたが、1ヶ月で10万円以上になったことも。

1度採用されると継続で採用されやすくなり、毎年1-2か月ほどお仕事を貰うことができました。

易度は高くなくても、「実際に翻訳をしてお金を頂いた」という経験が、英語を使って仕事をした実績になるので、新しい仕事にチャレンジする際に有利になったなと感じました。

・求人はどこで探す?

副業として翻訳のお仕事を探す場合は、クラウドソーシングの利用はおすすめしません。

なぜなら、既に翻訳家として経験年数の長い人がたくさんいるので、お仕事を取りづらいからです。

くみ
くみ

求人検索をするなら、求人情報専門の検索エンジンであるIndeedが使いやすいのでオススメ♪

または、得意なスキルを気軽に売買できるココナラに出品して、実績を作る方法も。

ココナラですと、ご自分の得意な分野の翻訳だけを受けることができます。

例えば、履歴書・技術文書・契約書・メール・ニュースなど。

\登録は簡単3ステップのみ/
公式サイト→【ココナラ】

5.英語を使った副業⑤英語のコーチ(上級者向け)

アドバイス、ヘルプ、サポートと書かれた矢印の画像

最後にご紹介するのは、英語コーチのお仕事です。

受講生のパーソナルコーチとして、学習の進捗管理をしたり、学習方法・分からない問題に関する質問などに答えたりして、英語学習をサポートするというもの。

(有名どころだと、スタディサ〇リやオンライン英会話大手のレ〇ジョブなど)

英語の講師だと専門性が高いため、講師経験や教員免許などが必要になり、副業としてチャレンジしづらい職種になります。

くみ
くみ

でも、英語コーチの場合は、直接英語を教えるわけではないので、英語講師に比べると副業として始めやすいんです。

・どんな人に向いている?

英語コーチのお仕事が向いているのはこんな人。

  • 過去に自分の英語力を大きく伸ばした経験がある
  • コーチングの知識がある
  • サポートしたり、アドバイスするが得意

英語を直接的に教えるわけではないけれど、ご自分の経験から英語学習に対するアドバイスができたり、受講生に寄り添ってやる気にさせるようなコミュニケーション力が必要になります。

未経験でも可能、ですが、英語講師や教員の方が副業として働かれるケースも少なくないようです。

・英語コーチの面接を受けた体験談

私は面接に落ちてしまったので、英語コーチのお仕事はしたことがないのですが、せっかくなので面接の体験談をご紹介しますね。

もともとカスタマーサポートの職歴が長く、遠隔からのサポートや問題解決は得意なほうだったので、「自分にピッタリだ!」と思って応募しました。

以下のような点も魅力的だったので・・・

  • 自宅で空いた時間にできる
  • サポートや教育体制もしっかりしている
  • ある程度のまとまった報酬を継続して得られる
くみ
くみ

しかし、書類選考は通ったものの、面接で惨敗・・・(泣)
「受講者と電話での定期面談をする」というロールプレイングがあり、これが全然ダメでした。。。

採用基準は分かりませんが、ロールプレイングの出来が大きく関係しているように思います。

つまり、高いコミュニケーション能力と臨機応変な対応力が重視されるのではないかな?

・求人はどこで探す?

私は、求人情報専門の検索エンジンであるIndeed で見つけました。

各会社のホームページ上のみで直接募集している場合もありますので、求人サイトに情報がなくても諦めないでくださいね。

検索する場合は「英語コーチ 在宅」「英語学習コンサルタント 在宅」といったワードで探してみてくださいね。

6.まとめ:適正や難易度を考慮して、まずはチャレンジしてみよう!

スキルをお金に変えるイメージを表した画像

英語を活かせる在宅ワーク(副業)を5つご紹介しました。

  • 英語関連の記事作成
  • Web Search Evaluator ★当ブログいちおし
  • カスタマーサポート/オンラインアシスタント
  • 翻訳
  • 英語コーチ

英語を使ってお仕事をしたことがない場合でも、チャレンジできる副業はあります。

また、経験を積むことで、さらに好待遇のお仕事を得るチャンスも広がります。

まずは、最初の一歩を踏み出してみてくださいね。

あなたにあったお仕事が見つかりますように^^

※当ブログおすすめのAPPENに関する記事は「時給19ドル?!APPENの副業まとめ【100ドルもらえる登録方法・体験談・Q&A】」をご覧ください。

2020年7月豪雨被害を食べて支援できる!
食べチョクの記事はこちら
2020年7月豪雨被害を食べて支援できる!
食べチョクの記事はこちら
タイトルとURLをコピーしました